オンライン型プログラミングスクール15社徹底比較!!

【PITAKA】Galaxy S10のスマホケースはこれで決まり【最高です】

pitaka magcase(Galaxy S10版)のレビュー

Galaxyに機種変更してからケースをどうしようか色々探しましたが、初めて購入したケースが今回紹介する「PITAKA MAGCASE for Galaxy S10」です。

kamoku
kamoku

Galaxy S10を使い続ける限りはこのケースを外すことはないでしょう!それくらい気に入っています!

この製品、iPhone版は結構有名なのかな?と思いますが、Galaxy S10版はどんな感じなのか、装着した様子など中心に紹介します。

こんな人におすすめ!
  • ケースはとにかく薄いのがいい!
  • 薄くてもなるべく丈夫なのがいい!
  • かといってデザインがダサいのは嫌!
kamoku
kamoku

このわがままを全て受け止めてくれる商品ですよ!!

ただし、デザインは男性向けかもしれませんね・・・

スポンサーリンク

【Galaxy S10】PITAKA MAGCASEの基本スペック

PITAKA Magcaseがいったいどんなスマホケースなのか紹介していきます。

まずは基本情報からいきますよ!

基本スペック

pitaka magcaseの同梱品一覧
kamoku
kamoku

箱の高級感がすごい。箱もっと質素でいいから値段下げて欲しいってレベルの上質さです

薄さ0.65mm
重さ16g
素材アラミド繊維100% ※
カラー・ブラック/グレー
・ブラック/レッド
・ツイル柄
・平紋柄
値段(Amazon/記事投稿時点)¥4,999
特徴メタルプレートが内蔵されており、カーアクセサリのPITAKAシリーズと連携可能
アラミド繊維とは

防弾チョッキやF1マシンなどに使用される、引っ張り強度・弾力性に優れるスーパー素材

私が買ったのは「ツイル柄/ブラック・グレー」

表側

ツイル柄ってあまり聞き馴染みないのですが、カーボン調みたいな感じです。

pitaka magcaseのフロントビュー

背面側

質感はしっとりめのサラサラで 肌触りは良く、程良いグリップ感があります、表現が難しいです。例えるなら、ハガレンのコミック本の表紙みたいな感じです。

傷もつきにくいし、ついても目立ちません。

僕は9カ月使っていますが傷一つありません。

pitaka magcaseのバックビュー

【Galaxy S10】PITAKA MAGCASEのフィッティング

実際に見た方が早いと思うので全方位の写真を貼っていきます。

最初に言ってきますが、ジャストフィットです!!

まずは正面。カバーつけてるかわからないくらい薄いですね。

pitaka-front

背面です。カメラの部分も綺麗に抜かれています。

pitaka-back
Point!
  • カメラの高さからケースの表面まで0.5mmくらい余裕があるので、背面を下にして机に置いてもカメラは接触しません
  • ケース内にメタルプレートが内蔵されていますが、NFC(おサイフケータイ等)やQi(ワイヤレス充電)に影響はありません。

つづいて左サイド。音量キー側です。キーが干渉しないようにしっかり切り抜かれています。

pitaka-left
Point!

液晶に干渉しないギリギリの設計になっているので、エッジスクリーンの操作にも影響しません!!

右サイド。電源ボタン側です。こちらも左サイド同様ですね。

pitaka-right

トップ。上部マイクの穴もしっかり開いています。

pitaka-top

最後にボトム。コネクタ・スピーカの部分だけくり抜かれています。

pitaka-bottom

【補足】PITAKAの商品ラインナップ

PITAKAの商品ラインナップはざっくりこんな感じです↓

PITAKAのラインナップ
Galaxy・S8以降
・Note8以降
iPhone・6以降
・PlusやMaxも各種あります
Pixel2/2 XL

※Pixelは公式HPにはあったのですが、Amazonにはありませんでした。

kamoku
kamoku

基本仕様は同じなのでGalaxyユーザー以外の方にもぜひオススメしたい商品です!

車をお持ちの方必見!PITAKAスマホホルダーとの連携が最高!

PITAKAには車載スマホホルダー商品展開もあります。

pitaka magmountのフロントビュー

基本スペックの「特徴」の欄でも記載していますが、PITAKA MAGCASEにはメタルプレートが内蔵されており、カーアクセサリのPITAKAシリーズと連携可能となっています。

どういうことかというとこうなります。

pitaka magmountに装着したGalaxy S10の正面
Point!
  • スマホカバー内蔵のメタルプレートと車載スマホホルダー側のマグネットでホールド
  • Qiワイヤレス充電で充電可能(Qi対応ホルダーの場合)

つまり、車に乗ったらスマホをホルダーに近づけるだけで固定可能、ケーブルの抜き差しをせずに充電もできちゃう!

kamoku
kamoku

この連携がとんでもなく魅力的でスマホケースに5,000円出す決心ができました!

この商品についてはこちらの記事で詳細を紹介しています。

kamoku
kamoku

MagCaseとMagmount Qiが揃えば、超快適な車生活を送れること間違いなしです!

【Galaxy S10】PITAKA MAGCASEのレビューまとめ

summary

Galaxy S10版のPITAKA MAGCASEのレビューでした。

抜け目のない高品質な商品。アラミド繊維を使用していることでスリムな故の強度面の弱点をうまくカバーできているというのがポイントが高いと感じました。

あとは車載のスマホホルダーも導入すれば一段上の快適性を体験できます。

ガジェット
スポンサーリンク
kamokuをフォローする
スポンサーリンク

\このブログを応援する/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

この記事を書いた人
kamoku

ガジェット好きの29歳。通信系エンジニア兼、一人娘のパパ。
大手メーカーで5年間働く⇒理想のライフスタイルを求め田舎に移住。
サラリーマンの【キャリア】【スキル】【生活】を1UPする情報をお届けします!
雑誌のような「ワクワクと気づき」を与えるブログを目指しています。
おかげ様で月に1万回読まれるメディアになりました!

kamokuをフォローする
kamoku blog

コメント